「普通の芸人だったら死んでる」 パンサー尾形、スベりたおして無の境地に?

パンサーと山之内すずさんがくら寿司のイベントに登場。「二本足で立ってるだけですごい」滑り方をした尾形さんは…!?

集合写真

8日、都内で「くら寿司 27期事業戦略発表会・新店舗お披露目会」が開かれ、ゲストとしてお笑い芸人のパンサー(向井慧さん、菅良太郎さん、尾形貴弘さん)とタレントの山之内すずさんが登場。新店舗に関連したトークを繰り広げました。


画像をもっと見る

■制服で登場

新しく誕生する「くら寿司 原宿店」は、大手外食チェーン初の”Z世代”(90年代中盤以降に生まれた世代を指す)向けの店舗。カラフル提灯ウォールやスイーツ屋台、巨大浮世絵など『世界一映える』寿司屋になっています。

おしゃれな店舗に合わせて他店とは異なる制服を採用しており、4人も制服姿(ピンク色のハッピ、黒のTシャツ)姿で登場しました。

みなさん、よく似合ってますよね!


関連記事:パンサー尾形、「43歳の全力は笑えない」の指摘にマジギレ

■甘い「サンキュー!!」って…?

原宿店の推しである「スイーツ」に絡めて、司会から“甘め”の「サンキュー!」を求められた尾形さんは「どうしよう…」とポツリ。「これはやっとけ」とニヤニヤ顔の向井さんと、「見たことないけど、スベることだけはわかってる」とつぶやく菅さん。わかる。

パンサー・尾形貴弘

いざ、甘く「サンキューベリマッチ…」と決めるも、想像通り? に静まり返る会場に、客席側から1人分だけ拍手と笑い声が。思わず「ないほうが良かった!」と叫ぶ尾形さんに、「1拍手、1おじさん笑い」と向井さんも爆笑。

続きを読む ■「普通の芸人だったら死んでる」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(18枚)

おすすめ記事