なぜ使う? レズビアンに”隠語”が存在する理由を聞いた

悪用されてしまっているケースもあるようなので、注意しましょう。

LGBTQ
(Cristina Moliner/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レズビアン同士の間で、隠語を使用してやり取りをすることがあるようです。fumumu取材班は理由を聞いてみました。


①レズビアンか確認

「SNSだとレズビアンかどうかって確認するすべがあまりなくて、その確認で隠語を使うのもわかるんですけれど…。


ただ、隠語ばっかり使う人って、信じられないというか、自分はレズビアン界隈をよく知ってるって思わせたい人が多いから注意してほしいです。悪く言うと、レズビアンに見せかけてなにか目的を達成したり、内心バカにして楽しんだりする人もいるようですから。


実際の会話では、隠語ってあんまり使わないです。それに、隠語って今までもたくさんあったけれど、たくさんの人が耳にする・目にするようになると、少し廃れたり隠語の意味がなくなっちゃうので面白くないんですよね」(20代・女性)


関連記事:エッチの誘いで“レズビアン”という言葉を使わないで! その心理は…

②性的指向が周囲にバレないように

「レズビアンに隠語が存在する理由は、周囲にはバレないように同じ性的指向の人とコミュニケーションを取ることができるようにするためだと思います。


ただ、非常に残念なことですが、レズビアンであると偽って、女性の写真や個人情報を手に入れようとする男性もいないとは言えず、そういった人があえて隠語を使用することでレズビアンに取り入ろうとする事案もあるみたいです。


隠語を使う側も、隠語が隠語として成り立つように注意をしないとかえって危険な状況に陥ってしまうんですよね…」(20代・女性)

続きを読む ③一種のコミュニケーション

『マンガでわかるLGBTQ+』 Kindle版【Amazonでチェック】

おすすめ記事