「あとでやろう」はもう終わり! 先延ばし癖を克服する3つの方法

何事も後回しにしていると、いつか痛い目を見るかもしれません…。

③手をつければOK

「先延ばしにする人は、手をつけたら最後まで完成させないといけないと思っているんじゃないでしょうか。作業量が多いほどやり始めたら大変だから、スタートするのが面倒に感じますね。


面倒な作業ほど、私は『とりあえず手をつけたらOK!』と思うようにしています。最後まで絶対にやろうと思うと、とたんにやる気がなくなってしまうから。


途中でやめても、手をつけたらまずは目標クリアです。私は作業に手をつけるまでが一番面倒なので、実際にやり始めさえすれば、そのまま進められることも多いんですよね」(20代・女性)

ゴールまで絶対に止まってはいけない! と自分を追い込むと、ますますスタートを遅らせたくなりそうです。

少しでも進めたらOKと自分に言い聞かせながら、気楽に作業に取り掛かりたいものですね。

・合わせて読みたい→「なにもかも面倒…」 やる気が出ないとき、どう気持ちを奮い立たせる?

(文/fumumu編集部・nana

ハリウッドスターや日本の芸能人も愛飲者多数の「フィジーウォーター」【Amazonでチェック】

おすすめ記事