さまぁ~ず三村、ネタを覚えられないことを告白「毎回アドリブみたいな空気」

ライブの観客がいっせいに三村さんを見る理由とは?

三村マサカズ6日放送の『さまぁ~ず論』 (テレビ朝日系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズさんが「ネタを覚えられない」ことについて言及しました。


■ネタの台本もフリも大竹

ゲストのお笑いコンビ・銀シャリの橋本直さんから「ネタ帳はあるんですか」と尋ねられたさまぁ~ず。

大竹一樹さんによると「『作ろう』と言ったときに書く」そうですが、あとで見返すと「なにこれ、ってなっちゃう。あと忘れちゃう」のだとか。

そこで「ネタはホント覚えられない」と語る三村マサカズさんに対し、大竹さんは「ここは覚えてほしいという部分はある」と返答。細かく設定を決めて台本を書いているため「フリは全部俺が進んでやるようにしてる」と明かしました。


関連記事:三村マサカズ、人生初の『FRIDAY』激写 「自分で買っちゃった」

■その場で感じたことを言うだけで成立

大竹さんによると「俺が言って(三村さんは)それに反応する」進行スタイルなのだとか。三村さんが、その場で感じたことを言うだけでコントとして成立するのだそう。

進行役のお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんが「毎回アドリブみたいな空気が出るってことですよね」と感心していると「空気あるよ」と自信満々に答えた2人。

さらに、キラーフレーズも忘れてしまう三村さん。そのため、意味不明なセリフになることも多いですが、「最初のときよりも面白くなる」ときも多いといいます。

しかし、大竹さんも「ネタを忘れるときがある」と言います。ライブの観客は昔からのファンが多いため、大竹さんがネタを飛ばしてしまうと「変な空気になるとみんな三村だと思うから」と、全員いっせいに三村さんを見ることを明かしました。

続きを読む ■唯一無二で特殊な2人

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

おすすめ記事