私はこうして強くなった! 失恋の悲しみをバネに変える3つのヒント

もう泣くのは止めましょう!

女性
(TakakoWatanabe/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

失恋で落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、そのまま塞ぎ込んでしまっては、新しい出会いを見つけることはできず、二度と幸せになることはできないかもしれません。

そこで、fumumu取材班は、失恋の経験をバネに変えるヒントについて、女性たちに話を聞いてみました。

 

①いい勉強になった

「元彼にフラれることがなければ、自分の至らなさに気付くことができなかったと思います。

 

『私はもっとこうして欲しかった』『私はあなたのこういうところが嫌い』など、喧嘩をした時、私は元彼のことを一方的に責め続けました。でも、仲直りが上手くできなかったのは、私にも悪いところがあったからなんですよね。

 

別れ話をした時、『もっと俺の話も聞いてもらいたかった』と元彼に言われ、本当に反省しています」(20代・女性)

 

②自分に合わないタイプがわかって良かった

「いくら見た目が好みでも、一緒にいて心地良いと感じるかどうかは別問題ですよね。

 

私が一目惚れして告白し、付き合うことになった元彼。でも、『行儀が悪い』とか『お金にルーズ』など、彼と一緒にいると何だかイライラしてばかりで…。

 

いつの間にか会うことすら面倒になってしまって、結局、自然消滅してしまいました」(20代・女性)

 

③運命の相手に出会うためのステップ

「元彼にフラれることがなければ、今の彼氏と出会うことはありませんでした。

 

大好きだった元彼にフラれてから、自宅に引きこもって暴飲暴食する荒んだ日々を過ごしていた私。しかし、そんな私を見かねた友だちが誘ってくれたBBQで、今の彼氏と出会いました。

 

付き合ってまだ半年ですが、彼氏からプロポーズされ、両家の挨拶も無事に済んだところです。元彼と別れなければ、今の幸せはありませんでした」(20代・女性)

 

失恋してすぐに、気持ちを切り替えることは難しいでしょう。

しかし、たとえ失恋に終わったとしても、それをバネに変えることができるのなら、気持ちが少しは楽になるかもしれませんね。

・合わせて読みたい→本命一筋はリスキー…女子の婚活で戦略的に「2股」を勧めるポイント5つ

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!