若槻千夏、島田紳助さん対策でしていた作戦が「頭良すぎる」と反響

島田紳助さんに好かれ、自分とのトークがオンエアされるためにしていた作戦を告白。「頭良すぎる…」と称賛を集めてます。

若槻千夏

11日、タレントの若槻千夏さんが、元テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行さんのYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』(登録者数13.4万人)に登場。

島田紳助さんの番組に呼んでもらうために行なっていた工夫を明かし、「賢すぎる」「頭がいい」と反響が集まっています。


■ハマらなかったMCは島田紳助さん

この日、チャンネルでは若槻さんに様々な質問を投げかけることに。「YouTubeに女性アシスタントをつけようと思っているけどどこを見て採用すればいい?」「売れると思った女性タレントは?」などの話題を経たのち、「ハマんなかったMCは?」というテーマについて話すくだりが訪れます。

この問いかけに対し、「ハマんないというのは、タレントの問題だと思ってる」「ハマりにいけばいいわけだから」と前置きしつつ、「すごい大変だったのは…」と紳助さんの名前を上げました。

【動画】島田紳助さん対策でしていた作戦を明かした若槻千夏さん


関連記事:指原莉乃、気遣いの神・若槻千夏との2ショットが話題 会話は「低俗」

■紳助さん用に『アホのワンクッション』

若槻さんによると、「興味のあるタレントとないタレントの差が激しかった」そう。「どうしたらこの人にハマれるだろう?」と考え、紳助さんにハマっている芸能人をリストアップし、彼らとの絡みを繰り返し見て分析したと明かします。

その結果、若槻さんは「紳助さんって、自分の話もしたいMC」だと気づいたそう。「じゃあ、これの話のきっかけになればいい」と考え、そこに寄せていくことにしました。

しかし、当時はまだ『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)が始まっていない頃。自然におバカ回答ができるクイズではなく、フリートークのなかで演出していくには…と考え、「めちゃめちゃギャルメイク」をしたり、「明らかにイジれるであろう、ワンポイントの小物をつけていったりした」そうです。

続きを読む ■「紳助さんに繋げられればオンエアされる」

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

おすすめ記事