おうちで映画三昧のススメ:『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

グザヴィエ・ドラン監督作品『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』から考える「自分のアイデンティティ」とは?

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
(引用:IMDb.com, Inc)

「レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)」が現在開催中ですが、応援の意を込めて、LGBTQをテーマにしたおすすめ映画をご紹介している本企画。

前回は、19世紀末に活躍したフランスの詩人アルチュール・ランボーを、レオナルド・ディカプリオが演じた『太陽と月に背いて』でした。今回は、レオにファンレターを送った経験を元に製作したというグザヴィエ・ドラン監督の『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』です。


画像をもっと見る

■あるスター俳優の一生

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
(引用:IMDb.com, Inc)

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は、子役時代から俳優としても活躍するグザヴィエ・ドランが、メガホンを取った作品。

キット・ハリントン演じる「ジョン・F・ドノヴァン」というひとりのスター俳優の人生を、彼と文通していた少年ルパート・ターナー(ジェイコブ・トレンブレイ/青年期:ベン・シュネッツァー)の回想を通して描いています。


関連記事:おうちで映画三昧のススメ:同性愛映画の金字塔『モーリス』

■ドラン監督自身の経験が基に

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
(引用:IMDb.com, Inc)

本作が作られたのは、映画『タイタニック』を観た幼いドラン監督が、レオナルド・ディカプリオにファンレターを送った経験から着想を得たそう。

ドラン監督自身も、子どものころからショウビズの世界に身をおいていたためか、本作では、ひとりのスターが、「本当の自分」と、「ファンの知る自分」の差に悩む姿を緻密に追っています。

続きを読む ■自分のアイデンティティとは

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事