「顔が広い人」は目指さない 心地いい繋がりだけを育むヒント

「数」より「質」を。大切な繋がりだけを、ゆっくり育んでいきましょう。

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

友達は「多ければ多いほどいい!」というわけではありません。数ばかりを気にしてコミュニケーションをおざなりにしてしまうと、自分にとって本当に大切な相手を見失ってしまうかもしれません。

居心地のいい関係性を大切に育むヒントを、fumumu取材班が聞いてきました。


①「相性」を認める

「人には相性があるので、『合う人』『合わない人』がいて当たり前だと思うんです。お互いに問題はなくても、なんとなく話していてリズムが合わない、楽しくない…ってこともあるじゃないですか。


どうしてこの人とはうまく話せないんだろう? と考えすぎずに、相性が悪いんだな! と割り切ったほうが、人付き合いは楽になると思いますよ。考えすぎると、自分か相手のどこかに問題があるんじゃないかと、粗探しを始めてしまうかもしれないし。


合う人がいたらラッキー! くらいで思っておくと、肩の力を抜いて人と接することができる気がします」(20代・女性)


関連記事:居心地のいい関係でいるために… うわべだけの友達から抜け出すヒント

②先に信頼する

「お互いにとっていい関係を作るには、どちらかが先に相手を信頼する必要がある気がします。どちらもおそるおそるコミュニケーションを取っていたら、永遠に距離は縮まらないから。


自分の本音を打ち明けたり、飾らない自分を見せるのは勇気がいるけど…。ときには自分から相手を信用しないと、相手の行動を待っているだけになってしまいますよね。


信頼されていると思うと、自分だったらうれしいじゃないですか。相手に『あなたを信頼していますよ』と態度で示すことで、人の関係は深まっていくんじゃないでしょうか」(20代・女性)

続きを読む ③「数」を意識しない
  • 1
  • 2

おすすめ記事