今度は舞台! ディズニーミュージカル『アナと雪の女王』

ディズニーアニメーション『アナと雪の女王』が舞台化。劇団四季による日本公演が6月24日開幕!

Caissie Levy as Elsa in FROZEN on Broadway
(Caissie Levy as Elsa in FROZEN on Broadway. Photo by Saint ©Disney 海外公演より)

2014年に日本で公開された、ディズニーアニメーション『アナと雪の女王』。「♪ありの~ままで~」と挿入歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」が大ヒットしたのも記憶に新しいところです。

劇団四季によるミュージカルが6月24日より開幕。改めて、『アナ雪』の魅力に迫ります。


■『アナと雪の女王』とは?

アレンデール王家の娘、姉エルサと妹アナ。2人は幼いころ、仲のいい姉妹でしたが、エルサは、雪や氷を操る魔法の力を持っていました。

ある日、魔法によってアナを危険な目に遭わせて以来、エルサは全ての人から魔力を隠し、自室に閉じこもって生きていくようになります。


関連記事:マツコ、鈴木奈々の号泣悩み相談にガチアドバイス 「元に戻ればいい」

■エルサの戴冠式の日に…

やがて訪れたエルサの戴冠式の日。長い間閉ざされていた城の門が開き、場内はお祝いに沸き立ちますが、アナと言い争いになり感情をおさえきれなくなったエルサは、城の広間中に氷の魔法を放ってしまいます。

怪物だと騒ぐ人々を後に、城を逃げ出し、1人自由に氷の城で生きていこうとするエルサ。妹のアナは、山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、雪だるまのオラフたちと共に、エルサを追って動き出すのですが…?

続きを読む ■高橋知伽江さんの美しい日本語

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事