明石家さんま、幼少時の夢は『機関車』と告白 「喋ってる時蒸気出てる…」

明石家さんまさんが5歳の頃に「機関車」になりたかったことを明かすと、同じような夢を持っていた視聴者が続出…。

明石家さんま

8日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でお笑い芸人の明石家さんまさんが、5歳の時の将来の夢が「機関車になることだった」と明かしました。


■将来の夢が叶った…!

若くして売れた20代の芸能人と、下積み時代が長く苦労した芸能人が集合した今回。

「自分で作ったブームはある?」というテーマで、早咲き芸能人として出演した濱田龍臣さんが、4年前に『ウルトラマンジード』(テレビ東京系)に出演したことから今でもイベントやショーに出る機会があり、「ウルトラマンのことではいろいろ動かせてもらっている」と話しました。

そんな濱田さんは、5歳の頃に「将来の夢はウルトラマンになることです」と言っていたそうで、その姿が今でもホームビデオに残っていることを明かします。


関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

■「叶わない、まだ遠い」

濱田さんの話を聞き、さんまさんは「5歳に言ってた夢が叶うんだ!」とびっくり。直後に「俺、5歳の頃機関車になりたいって言うてたもんね」と自身が持っていた夢を打ち明けます。

この告白に周囲からは「人間じゃない」「その夢叶いますかね?」というツッコミが上がる中、さんまさんは「叶わない、まだまだ遠い」と返答。

すると、おいでやすこが・こがけんさんが「さんまさん、喋ってる時蒸気出てる時あるんで!」と発言。さんまさんが笑いながら「最近手がこうしか動かない」と言い、脇腹に手をぴったりとくっつけながら歩くと、こがけんさんも「なれるじゃないですか!」とツッコミました。

続きを読む ■人ではない物になりたかった人は多く…
  • 1
  • 2

おすすめ記事