大変な世の中だから… 「自分の幸せ」を忘れない3つのマインド

不安が多い世の中だからこそ、自分と向き合う時間を作ってあげましょう。

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自粛生活が長引く中で、どうしてもおざなりになりがちな「自分自身のケア」。大変な世の中だからこそ、自分の「楽しい」「うれしい」の気持ちをしっかりとすくい上げて、大切にしたいですよね。

自分の幸せを忘れないための考え方を、fumumu取材班が聞いてきました。


①「楽しみ」を許す

「自分の『これをやっていると楽しい!』『これをしているときはホッとする』などの気持ちを、ちゃんと大事にしてあげたほうがいいと思います。私の友達が、『周りに生活が大変な人がたくさんいるから、自分だけ楽しんでいいのかなと思う』と言っていたことがあって。


私は、それは違うと思ったんです。もちろん、自分が楽しむために周りを犠牲にするのは避けなくちゃと思うけど…。自分のささやかな楽しみまで我慢する必要は、まったくないと思うんですよ。


むしろ、自分まで一緒に苦しみ続けて、余裕がなくなってしまったら、いざというときに周りを支えることだってできないですよね。上手にリフレッシュして、気持ちに余裕を作るからこそ、他の人を手助けするエネルギーが出てくるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

②つらさを比較しない

「自分が感じているつらさや苦しみを、周りと比較する必要はないと思います。たまに、『自分よりもっと大変な人がいるから…』と言っている人もいるけど、自分がつらいと思っているなら、それが真実ですよね。


つらさを無視してしまうと、さらに自分を追い込んでしまうと思います。自分が感じているストレスを自覚しないと、ストレス発散しよう! とも思えないし。


上手にリフレッシュするには、まずは『自分疲れてるなー!』と認めるところからだと思います」(20代・女性)

続きを読む ③できることだけ
  • 1
  • 2

おすすめ記事