いざというときに迷わない! 「自分で決める力」を養う方法

物事をバシッと決められる人になるには、なにを意識すればいいのでしょうか?

選択
(Zbynek Pospisil/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

なにかを決めなくてはいけないときに、「どうしよう…」と毎回迷って決断できない。そんな悩みを抱えている人も多いようです。

いざというときにバシッと決断するためには、なにを意識すればいいのでしょうか? 決断力を養う方法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①気持ちを確認する

「自分の気持ちがわかっていないと、なにを軸に決めたらいいのか迷ってしまうと思います。自分がどうしたいのかって、改めて考えないとわからないことも多いから。


周りの意見とか、世間体とかで、自分の意志を見失ってしまう場合もありますよね。自分はどうしたい? どうなったら納得できる? と日常的に考える癖をつけると、いざというときも自分の本心に気付きやすくなると思います」(20代・女性)


関連記事:EXITりんたろー。が伝えた「若者の現状」に尾身会長は絶句 対談は大きな反響

②「〜べき」は控えめ

「決断を迷ったときは、最終的には直感を信じて決めるようにしています。自分はこうしたいかも! と思ったものを素直に選ぶと、どんな結果になっても後悔が少ないから。


反対に、『普通はこうだから…』『こうするべきだと思うから…』と常識や他人の価値観に合わせて決めてしまうと、納得できない結果になったときにすごく悔やんでしまうんです。本当はあっちがいいと思っていたのに、自分で決めればよかった! って。


『こうするべき、こんな風に考えるべき…』と考えすぎると、自分の気持ちを無視してしまうと思います」(20代・女性)

続きを読む ③時間をかけすぎない

Amazonタイムセール&キャンペーンはこちらからチェック!