霜降り粗品、牛丼早食い企画で「3回死にかけた」 命がけの挑戦に反響

牛丼(並)を15秒で食べることはできたのか…?

霜降り明星粗品

お笑いコンビ・霜降り明星が18日、自身のYouTubeチャンネルを更新。粗品さんが牛丼早食い企画に挑戦するも、短い時間のなかで3回も死にかけてしまうことに。


■過去最高は27秒

この日、チャンネルでは牛丼の並盛を早食いする企画を実施。先月13日から始まった早食い企画の一貫で、ここ3週間は毎週木曜日に挑戦しています。

最初のチャレンジでは1分34秒という結果でしたが、パスタを経て今月11日には27秒56という数値を記録。粗品さんによると、この挑戦のために毎晩牛丼早食いを練習していたそうで、単純計算で最初の3倍のスピードになっていました。


関連記事:霜降り明星・粗品、豊川悦司知らず「ありがたい意見」 ファンからクレーム

■「肉も飲みます」

そして今回、満を持して4回目(牛丼並盛では3回目)の挑戦を実施。「ファンやけどこのスパンでは心配やぞ」と粗品さんの体を心配するせいやさんをよそに、粗品さんはさらなる記録更新を狙っていきます。粗品さんいわく、YouTubeで見た先人たちの中には15秒程度で完食している人もいたようです。(おそらくこの方と思われます)

これまで生卵を加えて流動食っぽくするなどの工夫をしてきた粗品さんでしたが、「水をちょっとグッと飲もうかな」「前は(肉を)噛んでしまってた」「肉も飲みます」と今回はさらなる工夫を考えます。一発勝負なだけに、事前準備が大事なようです。

続きを読む ■喉に詰まって死にかける粗品
  • 1
  • 2

おすすめ記事