霜降り粗品、牛丼早食い企画で「3回死にかけた」 命がけの挑戦に反響

牛丼(並)を15秒で食べることはできたのか…?

■喉に詰まって死にかける粗品

そして、いざ実食。猛烈な勢いでかき込んでいく粗品さんに対し、せいやさんは「早!」「止まらんねんなこっから」「マジでいける!」「前より早いぞ!」と横で興奮。しかし、徐々に勢いも衰えていき、結果は26秒4という数字に。わずかに短縮したもののさほど数字は変わらず、「険しいねえ」と粗品さんも厳しい表情です。

さらに、「俺ほんでやめるわこれ」と宣言。理由は「喉詰まりかけた」というもので、「3回死にかけた今、実は」「ほんまに危なかった」と語ります。これに対し、せいやさんは「急に終わった」「そんな引退ある?」と驚きつつ、「俺ファンやったのに」と名残惜しそうな表情を見せました。


関連記事:霜降り明星・粗品、豊川悦司知らず「ありがたい意見」 ファンからクレーム

■「草」「体には気をつけて」

「ほんま真似せんほうがいいわ」「誰も真似したほうがいいなんて言ってない」と、その後も楽しい掛け合いを見せた霜降り明星のふたり。せいやさんが粗品さんの体を何度も気遣うなど、コンビ愛も感じさせる内容になっていました。

今回の動画に対し、コメント欄には「まじでレギュラー企画になってんの草」「体には気をつけて」「楽しみになってたのにいきなり終わっちゃった笑」などの声が寄せられています。

★霜降り明星の動画はこちら

・合わせて読みたい→霜降り明星・粗品、子供に変顔披露で怖がられる 「ホラー映画」とツッコミも

(文/fumumu編集部・柊青葉
  • 1
  • 2

おすすめ記事