藤原竜也と竹内涼真の心臓爆発!? 怒涛のアクション連続『太陽は動かない』

藤原竜也と竹内涼真がバディに! 産業スパイとして活躍する映画『太陽は動かない』


taiyou
(ⓒ吉田修一/幻冬舎  ⓒ 2020 「太陽は動かない」製作委員会)

俳優の藤原竜也さんと竹内涼真さんが、産業スパイとしてコンビを組む映画『太陽は動かない』。3月5日公開ですが、それに先駆け、2月5日~8日に東京・調布市で行なわれる『映画のまち調布 シネマフェスティバル2021』にて特別上映されます。

初共演ながら、息のあったお2人の勇姿を一足先に見ることができるこの機会に、本作の見どころを予習しておきましょう。


■原作は吉田修一のサスペンス小説

映画『太陽は動かない』は、吉田修一さんの同名小説が原作。ニュース配信会社「AN通信」で働く鷹野一彦、田岡亮一ら、社員の活躍を描くサスペンスです。

といっても、「AN通信」がニュース配信会社というのは仮の姿。実はその正体は、機密情報を売買する産業スパイ組織だったのです。

つまり、鷹野、田岡は、プロの諜報員。2人は、次世代太陽エネルギーの機密情報をめぐって、世界中のスパイと争奪戦をくり広げることになるのですが…。


関連記事:高畑充希『an・an』表紙フラグ? カッコいい身体へトレーニング開始

■藤原竜也&竹内涼真の豪華タッグ

taiyou
(ⓒ吉田修一/幻冬舎  ⓒ 2020 「太陽は動かない」製作委員会)

本作で、藤原竜也さん演じる鷹野一彦は、知性、身体能力、すべてそろった産業スパイ。どんな状況でも冷静な判断を下す、エリートです。

その相棒となる田岡亮一は、精神的な弱さもある人間味あふれたキャラクター。クールな鷹野と対照的に、熱血漢な若手スパイを、竹内涼真さんが好演しています。

お互い助け合いながら、死闘に身を投じるこの2人。まさに「最強」といっていいでしょう。

続きを読む ■心臓に爆弾チップが……!

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事