横浜流星、名前の由来について言及 本名ゆえに困惑したこととは…

横浜流星が自身の名前について言及

横浜流星

21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の横浜流星さんが出演し、自身の珍しい「名前」について、由来やエピソードを披露しました。


■お名前は本名

芸名だと思われがちの「横浜流星」は本名であり、子役時代から監督やプロデューサーに「横浜ベイスターズが好きなのか」としょっちゅう聞かれていたという横浜さん。

父母共に野球には全く興味がなく、横浜DeNAベイスターズとは全く関係ないため、仕方なく「わかりません…」と答える日々が続いていたそうです。


関連記事:横浜流星のエプロン姿にファン悶絶 「腕の筋が…」

■始球式をやりたい!

ただ、あまりにも周囲に言われすぎた結果、最近は「横浜DeNAベイスターズ戦で始球式をやってみたい」「仕事をしたい」という意欲が生まれてきたとのこと。

MCを務めるTOKIOの松岡さんが「縁起がいいもんね」と賛同したところ、横浜さんはボールを投げるそぶりを見せました。しかし、そのポーズが少々不安げだったことから長瀬智也さんから「エアピッチングやったのがだいぶセンスなさそうな…」という指摘を受けています。

一緒にゲスト出演していた、女優の吉高由里子さんには「肩ぱきって言ったし!」とツッコまれる姿も見せていました。

続きを読む ■名前の由来を公表

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

おすすめ記事