相葉雅紀、実家で飼い始めた生き物にびっくり 「帰ったらリビングに…」

嵐・相葉雅紀さんが実家で飼い始めた驚きのペットについて語りました。

相葉雅紀

28日に放送された『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)で、の相葉雅紀さんが実家で飼い始めた生き物について語り、視聴者を驚かせました。


■リビングに大きなリクガメが

「これまでに変わった動物飼われてましたか?」と聞かれた相葉さんは、「結構、家族が動物好きで…ちょっと前ですけど、久々に実家に帰ったらリビングにリクガメが…」と語り、いつの間にか大きなリクガメを飼っていたことを告白。

相葉さんによると、お父さんは動物が大好きだとのことですが、実家でリクガメが飼育されている光景を見たときは、さすがに「リクガメ飼ったんだ…」と呆然としたそう。


関連記事:ジャニー喜多川に「YOU殺すぞ!」と怒られたジャニーズ達 その原因に爆笑

■飼育を始めた理由は不明…

リクガメの寿命は長く30~50年生きると言われているため、MCを務める所ジョージさんは最期まで飼えることを心配しているのか「え? だって親御さんはもういい年でしょ?」と質問。相葉さんから「60ぐらいになります」との返答には「でしょ!?」と、驚きを隠せない表情を見せました。

また、リクガメを飼い始めたきっかけについては「僕は聞かなかったですね。ちょっと怖かったんで…」と、今でもその理由は謎のままであることを明かしました。

次ページ ■リクガメ飼育に視聴者もびっくり

おすすめ記事