上手な「お昼寝」って? 頭をスッキリさせる仮眠のやり方

日中にやってくる眠気をかしこく解消する方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

昼寝
(Liderina/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日中にやってくる強烈な眠気。その後の作業をスムーズに進めるためにも、適度な仮眠は効果的です。

ただ、お昼寝にも意識したいポイントが隠れているようで…。fumumu取材班が、頭をスッキリさせる仮眠のやり方を聞いてきました。


①30分以内で

「あまり長い間寝てしまうと、起きたときに頭がぼんやりしてしまうので、なるべく30分以内の仮眠にするようにしています。短い時間で疲れが取れる気がしなくて、前まではあまり仮眠をすることもなかったんですけど…。


なるべくリラックスできるようにズボンのベルトを緩めたり、デスクで使える枕を用意してから、すごくリフレッシュできるようになりました。仮眠環境が悪かったときは、そもそも安心して眠れていなかったんだと思います。


ただ机に突っ伏しているだけだから、逆に疲れていたんですよね。眠る環境を整えてからは、起きたときに午前中の疲れがスッキリしている気がします」(20代・女性)


関連記事:仕事中に疲れを感じたらどうしてる? おすすめの方法を聞いてきた

②夕方以降は我慢

「いくら眠くても、夕方以降はがんばって起きていたほうがいいと思います。夜に近い時間に仮眠をしてしまうと、夜中まで目が冴えて寝つきが悪くなることが多いんです。


しっかり睡眠を取れないことで、また次の日の夕方ごろに眠くなる…というループになってしまうんですよね。いつも夕方ごろに眠くなるとわかっているなら、お昼過ぎに仮眠をして眠気を取っておくのがいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③寝る前のスマホはNG

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事