「何事にも本気になれない…」 自分のやる気を引き出す3つのアクション

燃えにくい自分のやる気スイッチ、どうすればオンにすることができるのでしょうか?

疲れる女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

努力している人に憧れはありつつも、自分のやる気はなかなか育ってくれない…。そんな悩みを抱えている人は多いようです。

どうすれば、自分の本気スイッチをオンにすることができるのでしょうか? fumumu取材班が、やる気を引き出すアクションを聞いてきました。


①「意味ある?」は封印

「学生時代から、何事も冷めた目で見てしまうことが多かったんです。なにかに本気で打ち込んでいる人に憧れはあるのに、つい心のどこかで『そんなにがんばって意味あるの?』と思ってしまって…。


まずは、そう思ってしまう思考回路を変えることにしたんです。努力する意味を考えそうになったら、『楽しければいいってことにしよう!』と、思考の方向性を変えるんです。努力の意味をわかっている人なんて、本当はいない気がするんですよ。


楽しいから続けている、できなくて悔しいから続けているなど、それくらいの気持ちでいいんだろうなと思います。感情を大切にするようにしたら、昔よりも斜に構えた態度で物事を見てしまうことも少なくなりました」(20代・女性)


関連記事:「やる気が出ない…」とダラダラする前に! やる気を引き出す3つの方法

②努力している人を見る

「自分のやる気を引き出したいときは、努力している人をお手本にすることが多いです。地道にコツコツがんばっている人を見ると、触発されて自分のやる気も出てくるんです。


成功している姿だけを見ても、住む世界が違うと感じて逆にやる気がしぼんでいくので…。失敗体験を乗り越えたインタビュー記事や、努力している姿をクローズアップしているドキュメンタリーを見ることが多いです。


キラキラして見える人も、陰ではこんなにがんばっているんだなぁと思うと、自分もやるぞ! と思えるんですよね」(20代・女性)

続きを読む ③小さな好奇心を大切に
  • 1
  • 2

おすすめ記事