相葉雅紀、志村けんさんからの言葉を明かす 「休止する報告をした時…」

『24時間テレビ』のドラマ内で相葉雅紀さんが志村さんから送られた言葉を語りました

■相葉雅紀「嵐が休止すると…」

また、ドラマ内では相葉さんが志村さんとの思い出を語る場面も映し出されました。相葉さんにとって「芸能界のお父さん」「東京のお父さん」である志村さんは、「いつでもいいから連絡しな。飲みに連れてってやるから」と常に気にかけてくれていたそう。

「包み込んで聞いてくれるから、ちょっと話すだけで楽になれる。 嵐が休止するという報告をした時、俺の説明してるトーンが暗かったのか ちょっと俺も不安だし、不安が伝わったのか、『そっか。2020年以降も自分がまず楽しみな』」と電話越しで声をかけてくれたといいます。

そして相葉さんがもらった最後のプレゼントは2脚のグラスだったことを明かし「リビングの1番いいところに置いている」ことを明かしました。


関連記事:千鳥・大悟、志村けんさんの愛車購入にファン感慨 「この世で1番カッコいい」

■志村けんさんは「途中で見捨てない」

相葉さんも語っていた「愛がある人」「とことん最後まで愛情をかけてくれる」「途中で見捨てない」志村さんの言動は、多くの人を包み、救っていたんだな…と改めて感じることができた作品でした。

3月29日、新型コロナウイルスによる肺炎でなった志村けんさん。『天才!志村どうぶつ園』は9月に“閉園”することが決まりましたが、志村さんが残した多くの映像はこれからも世代問わず楽しませてくれるでしょう。

・合わせて読みたい→近藤春菜、『24時間テレビ』のランナーに 嵐・相葉雅紀も驚愕「春菜が…」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

おすすめ記事