最上もが、イメージの押し付けに心中複雑 「知って欲しかった」

最上もがさんが、自身の性格について吐露しました。


最上もが

20日、元「でんぱ組.inc」メンバーの最上もがさんが「うつ病と繊細さん」と言うタイトルでブログにエントリー。3月ごろからの生活について綴りました。


■「おうちにこもる日々」

最上もがさんは、「新型コロナの影響で、3月末くらいから現場のお仕事は受けず、4月、5月とおうちにこもる日々でした」と、ここ最近について回顧。

写真や動画、音声コンテンツなど、おうちで楽しめるものの更新頻度を上げていたようで、開設したYouTubeチャンネル『もがちゃんねる。』も、はじめた理由として、「自粛期間、気が滅入ってしまう人も多いのではと、ファンのみんなに元気になってもらえないかな」と思ったことを説明しました。


関連記事:最上もが、玉城ティナの優しさに感動 2人関係性に喜ぶファン続出

■うつ病に関する心ない発言

ユーチューブでは、大好きな「でんぱ組.inc」の脱退の大きな要因になった、うつ病についても伝えました。この動画に対して、「売名行為だ」「甘えんな、もっと隠れて頑張っている人がいるのに」といったメッセージも寄せられたといいます。

これについても、「”ビジネスうつ”なんて思ってる人も多いんじゃないかなと思います。なんだそれって感じですが。ぼく自身、誰かに許されたくて話したわけではなかったです」「自分自身でのコントロールも限界がきてしまっていたため、続けることができませんでした」と、動画をアップした経緯を、改めて説明しました。

続きを読む ■「アイドル向きな言動をしてこなかった」

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事