15歳の少女が妊娠するも赤ちゃんの父親は祖父!? 家族は「支援を拒否」

少女の望まぬ妊娠。相手はまさかの…

少女の妊娠
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若年層の望まぬ妊娠が問題となっている中国にて、またもや凄惨なケースが報道されました。

12歳から実の祖父に性的虐待を受けていた少女が妊娠、発見時は既に7カ月が経過し、産むしかないという状況に追い込まれています。


■祖父のせいで妊娠

中国・河南省に住むこの少女は現在15歳。地元の支援団体に母親同伴でやってきた彼女は、12歳の頃から祖父に性的虐待を受けていたと告白。現在妊娠7カ月で、既にお腹が大きく膨らんだ状態であると報じられました。

少女の母親は長きに渡り他の省へ出稼ぎに行っており、やっとの思いで親子で暮らせるようになったところ娘の妊娠が発覚。「相手は一体誰?」と何度も問いただしたところ、ずっと面倒を見てくれていた祖父による虐待で出来た子供であることがわかったとのこと。


関連記事:友人と遊ぶために我が子を… 14歳の母が犯した罪と両親の嘆き

■相談を反対?

少女の父親は、自分の父が性的虐待をしていたことに大きなショックを受けたそう。ずっと家族だと思っていた人がとんでもない欲望を娘に向けていたことがわかり、怒りを露わにしていたのだとか。

しかし、父親はこの件を公にしたくない旨を話し、「家族内で解決したい」と断言。母子が支援団体に相談へ行くことを最後まで反対していました。父親なりの面子があるのでしょうが、とんでもない話です。

次ページ ■母親は堕胎を拒否

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事

関連キーワード