「朝活」ってなにがいいの? 始めた人にメリットを聞いてきた

メリットが多いとされている「朝活」ですが、具体的にどんないいことがあるのでしょうか?

ヨガ
(PavelIvanov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝に運動をしたり、本を読んだり、早起きして有意義な時間を過ごす「朝活」。少しだけ起きる時間を早めて、朝の時間を自分のために使っている人も増えてきているようです。

なんだかいいことな気がしますが、具体的に、朝活にどんなメリットがあるのでしょうか? fumumu取材班が、朝活で感じたメリットを聞いてきました。


①気持ちに余裕ができる

「少しだけ早く起きるだけで、気持ちに余裕ができるようになりました。いつもはイライラしてしまうことでも、なんだか許せるようになったんですよね。


仕事が始まるギリギリに起きていたときは、毎朝急かされている気分だったんだと思います。すぐに支度を始めなくては間に合わないので、時間の使い方も雑になるし…。


起きてすぐに慌てなくてはいけないので、そこでもうイライラが溜まっていたんでしょうね。ゆっくり朝ごはんを食べたり、お茶を飲む時間ができただけで、心にすごくゆとりができました」(20代・女性)


関連記事:年末年始の休みを終えて…「休み明けの仕事がつらい!」 気持ちを和らげる方法

②活動的になる

「朝にランニングをするようになってから、その流れで1日を活動的に過ごせるようになりました。体を動かして1日が始まるので、それからの時間もスムーズに作業が進むんですよね。


せっかく早起きしたんだから、なにかできることをしようと思うのかもしれないです。時間に余裕があるから、いつもは余裕がなくてできないことにも、チャレンジできるようになりましたよ」(20代・女性)

続きを読む ③自分を見直せる
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事