池江璃花子選手「初めてこの姿をお見せします」 “ありのままの姿”に称賛

池江瑠花子さんが、ありのままの自分を写真に収めました。

池江璃花子

1年ほど前に白血病の診断を受け、昨年12月には退院を報告。トレーニングなどできる事に挑戦してきた競泳選手の池江璃花子さんが、18日、現在の姿を初めて公開。現在の心情について綴りました。


■「この姿をお見せします」

自身のツイッターで「今日、初めてこの姿をお見せします」と、スキンケアブランド「SK-II」と連携した企画の一環で撮影した写真をアップした池江選手。白血病の抗がん剤は髪の毛が抜けてしまいがちですが、ウィッグを外し、ベリーショートとなった姿で誇らしげにポージングする池江さんの姿が映っています。

「今のありのままの自分を見てもらいたいという私の気持ちを大切にしてくださりありがとうございます。このメッセージがひとりでも多くの方の希望になればうれしいです」と、撮影の経緯や意気込みを綴っています。

「SK-II」の公式も、「彼女の常に前向きな姿に心打たれました。 今、この世界で必要とされているのは、池江さんのような姿勢だと思います」と思いを記しました。


関連記事:吉田鋼太郎・田中圭のラブラブショットに反響 「泣ける」

■「生きていることが奇跡」

そして、「私にとっては、生きていることが奇跡です。ここにいられることがまるで奇跡のようです」と心情を吐露し、1年前に負けじと決意を固め、周囲の応援もあって乗り越えることができたこと、今回の撮影では、がありのままの自分を見せる環境を用意してくれたことを明かしました。

最後に、「世界中が不安で辛い日々を送っています。このメッセージが、アスリートの仲間にとっても、また同じように苦難と戦っている誰かにとっても、小さな希望になれば嬉しいです」と述べ、「私たちが一人ではありません。恐れのない日が1日でも早くきますように。どんなトンネルにも必ず出口はあります。みんなで乗り越えていきましょう」と、この事態に思いを力強い言葉を残しました。


■「感無量です」

ファンからは、「同じく白血病サバイバーとして、感無量です」「みんなに勇気与えてくれて本当にありがとう」と感謝のコメントが寄せられるとともに、池江さんの”ありのまま”の姿には「そのスタイルも素敵ですよ」「めっちゃかっこいいぜ」「力強さと、清々しさを感じました」と、称賛の言葉が続々と寄せられています。

ありのままの自分を受け入れ、誇りを持って生きる。とても素晴らしいことですよね。

★池江璃花子さんの「ありのまま」の姿はコチラから! 

・合わせて読みたい→高畑充希、「ブス会」集合写真にファン歓喜 「ブスだって正義」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事