ゲームのように「復活してみたい!」 幼い兄妹がマンションから飛び降り

ゲームの世界に入れ込みすぎた兄妹の末路とは

ジャンプする兄妹
(Nadezhda1906/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ついついやってしまうスマホゲームアプリ。楽しい物も多く、子供から大人までハマっている方は多いかと思います。

しかし、近日中国にてゲームの世界にのめり込みすぎた兄妹が驚きの行動に出たことで話題を呼んでいます。


■ゲームのように「復活」してみたい

事件が発生したのは、中国・河北省。現地メディア「澎湃新聞」の報道によると、兄妹は中国で大人気のアプリ「迷你世界」及び「和平菁英」にドハマりしており、四六時中スマホ画面を見つめていたとのこと。

しかし、ある日ゲームでは物足りなくなった11歳の兄はゲーム内のコマンド「飛ぶ」「復活」を実際試してみたい! と考え、9歳の妹に「高いところから飛び降りて、ゲームみたいに復活できるかやってみようよ」と声をかけたそうです。

あまりにも無邪気な一言…。


関連記事:ヒカキンのプライベート映像が放出? トイレで発した音にファン爆笑

■目をつむれば怖くない?

高さ14メートルのマンションから下を見た妹は高さのあまり一瞬ひるみましたが、兄は「目をつむれば平気だよ」とどこ吹く風。妹の手を引き、飛び降りる準備をしたのだとか。

兄妹はそのまま地面に向かって落下。「復活」コマンドなど現実にあるわけではありませんから、当然大怪我を負ってしまいます。

病院に運ばれた兄は「飛び降りた後のことはあんまり覚えてない」と証言しました。


■代償は大怪我と高額な治療費

大きな音がした現場に駆け付けた父親は、2人が気を失っている所を目撃。2人は急遽病院へ運び込まれました。医者が二人を診た結果、妹は顎の骨が割れ、全身の感覚がない状態。兄は出血性ショックを起こした上に16か所も骨折していたことがわかりました。

現在は二人とも意識を取り戻し、快方に向かっているそうですが兄は「ゲームなんて嘘っぱちだ!人は死んだら復活しないんだ」「命は一つしかないから、大切にしなきゃいけないんだね…」と反省しているとのこと。

2人の治療費は300万円を超える金額になっている為、両親は金銭的にも頭を悩ませているようです。

・合わせて読みたい→M-1グランプリ2019、優勝は誰の手に? かまいたち、見取り図らが決勝へ

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事