鳥居みゆき、外出自粛に親からの物資を報告 まさかのアイテムにファン爆笑

鳥居みゆきさんが、親から送られてきたものを紹介しています。

鳥居みゆき

6日、お笑いタレントの鳥居みゆきさんが外出ができないだろうことを受けて、実家から送られてきたものを報告しました。

あまりに予想外な物資に、ファンも思わず大爆笑してしまっています。


■外出できないからと送られたものは…

自身のインスタで、「実家の母から『外出できないだろうから必要なもの送ります』って送られてきた」と報告した鳥居さん。段ボール開けたら、中に入っていたのは「粘土」のみだったようです。

写真には、白い紙粘土とカラー小麦粘土、型入りの小麦粘土とずいぶんボリューミーな粘土が写っています。

紙粘土500グラムと小麦粘土210グラムの表記を踏まえると、およそ1キロくらい送られてきたのではないでしょうか。


関連記事:ノンスタ石田、週末の過ごし方に悩むも 室内遊びで「笑顔いっぱい」

■アップルジュース吹き出した

これにはファンも「アップルジュース吹き出した。。。」「オカベ本当に面白いですね」「鳥井家のファミリーヒストリーみたい」と大爆笑。

便乗して、「流石みゆきさんのお母さま。何が今、必要か把握してらっしゃる」「小麦粘土はお口に入れてもお腹痛くなりませんが美味しくありません」「私も23歳の息子に送ろうかな」などの冗談を言う声もありました。


■バレンタインにも…

鳥居さんの作る粘土作品は、リアルなハンバーガーやポテト、骨、舌を出した人の口のみ、切れた指、カプセルの薬など、かなり本格的。

クオリティの高い作品にファンは、衝撃を受けつつ感心する声も寄せられています。

ちなみに…鳥居さんはホワイトデーにも「雨なので粘土遊び。寒いと思ったら雨じゃない、雪降ってんじゃん! じゃあ粘土遊び終わりだな!」と、なぜか雪の期間は粘土をしないようですが、雨の期間中は自宅で粘土遊びを楽しんでいました。

バレンタインにも、脳みそや指、目玉などのお菓子を作っていましたが…。かなり独特なセンスの上、手先が器用ですね。

また新たな体の一部が粘土によってできあがるのでしょうか。鳥居さんの自宅タイムがさらに充実しそうです。

★鳥居みゆきさんの元に届いた物資はコチラ

・合わせて読みたい→フリマアプリで女子大生が困った取引相手3選! トラブル発生に対策は?

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事