YOSHIKI、2人の政治家に向けてツイート 「言わせてください」「至急」

YOSHIKIさんが、政府に対して訴えかけています。

YOSHIKI

4日、ロサンゼルスに住んでいるミュージシャンのYOSHIKIさんが、緊急事態宣言を出すべきだと論じました。


■新型コロナウイルスについて発信

3月1日、自身のツイッターでYOSHIKIさんは「BAND仲間、そしてそのファンのみんなへ、 自分は決して人の模範になれるような人ではないけど、こういう時の判断は間違わない。 苦渋の決断を伴うかもしれないけど、今このタイミングで、コンサートを行う行為、及び参加は、危険な行為だと思う…全ての人々に対して。 みんなの安全を祈っています」と呼びかけました。

その後、ロサンゼルスの深刻な現状や、再びイベント等は危険すぎることを訴えかけていました。


関連記事:こんな男とは結婚できない! 新型コロナで見えた「彼氏の嫌なところ」

■「緊急事態宣言をするべき」

こうした発信は、業界を敵に回してしまう可能性があるので「やめたほうがいい」とマネージャーに止められていたそう。しかし、エンタメ業界を敵に回す覚悟もした上で、自身の言葉を発信したことを明かしました。

そして、今度は「確かに今の時期の発言はリスクをともなう。でも言わせてください。日本は至急、緊急事態宣言をするべきだと思います」と、安倍晋三首相と東京都の小池百合子知事にメンション(「@(ユーザー名)」の形式を含んだツイート)をつけながらツイッターで訴えかけています。


■謎ばかりです

この訴えを受けて、「YOSHIKIさん。勇気ある発言を 本当にありがとう 本当にどうして緊急事態宣言を出さないのか謎ばかりです。国民全員が一丸となってこの危機を乗り越えなければいつまでたっても収束しないです」「YOSHIKIさんの仰ることに賛成します。命が最優先であることは間違いありません。また、経済面を最優先にして感染者が出た場合は信用も失い、結果として、あらゆる面で多くの犠牲を出すことになるのではないでしょうか」と賛同する声が相次いでいます。

緊急事態宣言が出ないことによって事の重大性が把握できていない人や店を閉じようにも閉じられない人、上司の決定で仕事を休めない人も多いはず。さらなる感染の拡大で、より甚大な被害が出ないよう、早急な対応を願うばかりです。

・合わせて読みたい→ファミチキが100円! 期間限定の神サービスに喜びの声続出

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事