YOSHIKI、ロサンゼルスの現状を報告 「緊迫した雰囲気に包まれて…」

YOSHIKIさんが、ロサンゼルス市長から発令された行政命令を説明しました。

YOSHIKI

16日、ロサンゼルスに住んでいるミュージシャンのYOSHIKIさんが、ロサンゼルスにいる人や来ている人に向けて、新型コロナウイルスを受けて、市長が決定した行政命令について日本語で説明しました。


■営業停止になった施設

自身のツイッターで「今、ロサンゼルス市長より、以下の行政命令が発令されました。今、LAにいる /来ている日本の人達のために、念のため日本語に訳します。LA時間でこのあと、午前0時から執行されます」と説明したYOSHIKIさん。

ロサンゼルス市内で営業停止になった施設として、バーやナイトクラブ、ダイニングレストラン、エンターテイメント会場(映画館、ライブ会場、ボーリング場、アーケードなど)、フィットネスクラブを挙げました。

現状、バーとダイニングレストランは、お持ち帰りの食べ物のみ販売できるようです。


関連記事:ゆりやんレトリィバァ、Tinderを始めるも「いいね」ゼロに不服 ファンも同情

■緊迫した空気

この行政命令のは例によって、YOSHIKIさんは「LAは緊迫した雰囲気に包まれています」と報告。

自身は冷静であることを綴った上で、「友達やファンのみんなの健康と安全を祈っています 」と日本語と英語で呼びかけました。


■無理なさらないで

ファンからは、

「迅速なご対応とご配慮を大変に 有り難う御座います」Yoshikiさん翻訳してくれてありがとうございます♡LAにいる日本人の皆さんは助かります」と、YOSHIKIさんの発信に感謝する声が続々。

また「今日もお食事できてますか? 睡眠は取れてますか?」「YOSHIKIさんの健康を 祈っています」など、YOSHIKIさんの体調を心配する声も。

こんな中でも、冷静に必要なことを判断して行動していくYOSHIKIさんに、精神的に助けられた人は多そうです。

・合わせて読みたい→綾野剛、山田孝之の生配信中にインスタ開設 「37歳の新しい挑戦」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事