元プロレスラー、違法のマスク転売の現在に言及 「信じたいです」

ライガーさんがマスク転売について言及しました。

マスク
(Koukichi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

元覆面レスラーの獣神サンダー・ライガーさんが、現在もなお転売をしている人々に訴えかけています。


■マスク転売は違法に

コロナウイルスの影響により、マスク転売が品薄になっている中で、政府はネットオークション各社にマスク出品の自粛を求めました。

また、15日以降のマスク高値転売を禁止にしています。具体的には小売店やインターネット通販で購入したマスクを、取得価格以上での販売で違法となり、違反者は1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。

なお、製造、卸、小売りなどの事業者間で行う一般の商取引は対象としません。


関連記事:足立梨花、トイレットペーパーの品薄に苦言 「学んだんじゃないの?」

■「弱者に優しく」

そんな中でも、抜け道を使って罰則を避けようとする人がいる現状です。26日、ライガーさんは自身のツイッターを更新し「いまマスクの転売が禁止になりましたが、今度は中の取り替え商品が高額で取り引きされているらしいです」と、売買されている現状を明かしました。

そして、「お金儲けのチャンスと捉える方もいらっしゃると思いますが、先ず弱者に優しくという考えも大事だと思います。人は優しい生き物だと信じたいです」と転売する人に向けて投げかけています。


■ライガーの”マスク”に反応も

このライガーさんの呼びかけに対して、「国民の皆がライガーだったらいいのに!」「人の形をした別の生き物には理解できないかも知れない」「都内の食品買い占めといい、所詮、日本人なんてそんな程度ですよ、先ずは自分ファーストですからね」と人の自己中心的な行動に嘆く声が続々と寄せられました。

また、覆面レスラーだったことに「ライガーさんマスクしてるので大丈夫? でもなんか違う」「さすがマスクマン」「ライガーはマスクしてマスクするんですか?」などのコメントも見受けられます。

違う物を出品物の写真として出してマスクを秘密裏に売買するなど、マスク転売は悪化の一途をたどっています。もっと人々がお互いを思いやることができますように…。

・合わせて読みたい→中国発・鼻マスクに現地のネット民からツッコミ殺到 「ネタだと言って」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事