違うのに… 「自分はレズビアンかも」という誤解が生まれるワケ

考える女性

世間では異性愛が当たり前だとされてきた背景があり、幼少期には同性愛の存在を知らないことが多いです。 そのため、同性愛のことなど考えたことがなく、当たり前に異性恋愛をしようとした結果、どこか違和感を覚えてそのうち自分が同性愛者だと気づくケースが少なくありません。 逆に「自分はレズビアンかもしれない」「バイセクシャルかもしれない」と思ったものの、同性が恋愛対象ではなかったケースも存在します。なぜこのような誤解が起こり得るのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。  

続きを読む

おすすめ記事