足立梨花、トイレットペーパーの品薄に苦言 「学んだんじゃないの?」

足立梨花さんが、トイレットペーパーの品薄を嘆いています。

足立梨花

28日、女優の足立梨花さんは自身のツイッターを更新。トイレットペーパーの品薄を受けて、苦言を呈しました。


■「学んだんじゃないの」

新型コロナウイルスにより物流が途絶えるというデマにより、トイレットペーパーの買い占めが行われたことに対して、「トイレットペーパーもティッシュペーパーも品薄になってるの?」と衝撃を受けた様子。

そして、呆れたように「ねー。みんなマスクで学んだんじゃないの?」とマスクが買い占められたことで、本当に必要として求めている人が困ったり、転売の規制が行われたりと、つい先日パニックが起きたばかりであることに言及。

「ちゃんと自分が使う分だけ買おうよ。買い占めやめようよ」と、苦言を呈しました。


関連記事:鳥居みゆき、トイレットペーパー切れに悲鳴 「こいつには手をつけたくない」

■トイレットペーパーを売る店でも…

ツイッターでは、トイレットペーパーの買い占めにより、お店側が怒りをにじませる張り紙をしている写真が続々出回りました。

例えば、「『紙が不足する』という噂はデマです。紙類は、マスクと違って、もともと国内製造のため、メーカーはたくさんつくっています」という文言のものや、通常通り週3で納品しているため、買い占めを行う必要がない旨が説明されたものなどがあるようです。


■転売するのも止めてほしい

この事件に関して、「すぐ補充されるからほっとけばいいですよ」「ホンマにしょうもない事態…」「みんなデマに踊らされてますね。所詮自分の事しか考えてない人ばかりですよ」とあきれる声が続々。

「デマが影響して買い占めするのも転売するのも止めてほしいですよね」「経緯はこうです。 ①メルカリ転売のために虚偽のツイートがなされる⇒②九州地方でトレンドとなる⇒③熊本市で買い占めが発生」など、転売に関して言及する人たちも見受けられました。

ちなみに、トイレットペーパーとティッシュペーパーは、「国民生活安定緊急措置法」に基づき、高額販売は違法扱いとなります。転売によって捕まる可能性が大いにあるので、絶対にやめましょう。

・合わせて読みたい→カンニング竹山、紙製品や食料品の品薄に苦言 「デマだと言ってるのに…」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事