マツコ、自身の老化を実感 関ジャニ村上の指摘に悲鳴「笑わないで!」

タレントのマツコさんが自身の老化を実感し、悲鳴をあげました。

マツコ・デラックス

タレントのマツコさんが24日、自身の冠番組『月曜からよふかし』(日本テレビ系)にて、自身の老化について告白しました。


■楽しく名古屋トーク

この日、「名古屋」について取り上げたマツコさんと村上信五さんは、VTRの終了後しばし「名古屋あるある」について談笑。

マツコさんは「東京以外の都市なら名古屋が一番好き」「すごい誉め言葉で言ってるんだけど、(名古屋は)下品。だから面白いの」「底抜けに下品」と名古屋の街を絶賛しました。

一方村上さんは、台湾ラーメンで人気のレストラン「味仙」によく行くと話し、これにはマツコさんも「あの有名なとこね」と同意しています。


関連記事:しずる村上、カフェの店員に渡されたものに「健やかで晴れやかな気持ちに」

■数秒前の出来事を忘れる

しかし、次の瞬間マツコさんは目の前にいたスタッフに「あーほらなんだっけ、あの…」と質問。すかさず「味仙!」と答えを貰いますが、ほんの数秒前に「味仙」を話題に出した村上さんは、「いや今言うたやん!」と突っ込みます。

「あれ? 言った? 言ってないよ! あれっ?」と先ほどのやり取りを綺麗に忘れたマツコさんに対し、村上さんは戸惑ったような表情を見せていました。


■まさかの老化現象?

自身の”ド忘れ”に気づいたマツコさんは、「じゃああんたが言った店を『あれ?なんだったっけ?』って言ったの?やだお洒落アタシ!」とスタジオを盛り上げますが、同時に村上さんは「老化や老化!今までで一番ひどかったで!」と心配顔。

痛い所を突かれたマツコさんが「老化をいじめないで~~!もうわかってるの!老化がはじまってるの!言わないで!」と絶叫すると、村上さんから「サブ(音声、映像等を調整するためのスタッフ)は頭抱えてると思うよ…」と再度指摘を受けてしまいます。

マツコさんは「サブも半分聞こえてないわよ」と反論しながら「ディレクターもスイッチャーもジジイしかいないんだから!カンでやってるわよ!!」と、さりげなく番組スタッフの高齢化を揶揄しました。


■仲良しコンビに反響

放送後、SNSには「マツコの老化が始まっている…」「進むマツコとスタッフ陣の老化」といったツッコミが寄せられたほか、2人の親子のようなやり取りに「マツコさんと村上くんの仲良さそうなのほんますき」「マツコとのコンビ、最高に面白い」などの声も集まっています。

以前の放送では「マツコの老後」について語る姿も見受けられた村上さん、2人には末永く仲良しでいて欲しいものです。

・合わせて読みたい→ぺえ、4年越しの念願叶う 初対面のマツコからの言葉に「涙が溢れた」

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事