こんな返しは逆効果!? 愚痴への返答で避けたいNGワード

友達に言われた愚痴への返答で、火に油を注いでしまうかもしれません…。

アドバイス
(Ihor Bulyhin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愚痴を言ってくる相手は、ただ話してスッキリしたい! という場合も多いものです。下手に口をはさんでしまうと、相手の怒りが自分に向いてしまうことも…。

お互いがイライラをぶつけ合わないために、避けたほうがいいNGワードをfumumu取材班が聞いてきました。


①「自分も悪いじゃん」

「ただ愚痴を聞いてほしいときに、話の正当性を求められるのは嫌かもしれないです…。家族と喧嘩したときに、友達に愚痴を聞いてもらっていたんです。


そしたら、『それは自分も悪いじゃん』と言われてしまって。自分にも非があることは、もちろんわかってるんです。


それでも、ただ愚痴を言って発散したいときもあるじゃないですか。こちらの気持ちが荒れているときは、できれば否定せずに聞いてもらえるとありがたいです」(20代・女性)


関連記事:なぜ彼は愚痴を聞いてくれないの…女子の悩みに男子の本音は?

②「〇〇するべき」

「求めてもいないアドバイスをしてくるのは、勘弁してほしいですね。社会人になると、飲み会の席で会社の愚痴になることも多いじゃないですか。


軽いノリで愚痴を言っていたときに、友達に『それはこうするべきだよ』とこちらの立場を無視したアドバイスをされてしまって…。


改善案を考えてくれるのはありがたいけど、それならこっちもちゃんと説明したいですよね。愚痴を言い合って発散しているときに、アドバイスを挟まれるのは複雑な気持ちです」(20代・女性)


③「考えすぎじゃない?」

「アルバイト先の先輩が苦手だと話していたときに、彼氏に『考えすぎじゃない? その先輩も悪気はないかも』と言われたのは、イラっとしました。


悪気がないとしても、私がその先輩に対して嫌な気持ちになったのは確かだし。現場を見てもいないのに、考えすぎだと軽く言われたのもムカつきました。


話し続けると彼氏に対しての愚痴になりそうだったので、会話は流してしまったけど…。あまりスッキリしない終わり方でしたね」(20代・女性)

愚痴を聞くほうも、意外と気力を削がれていきますよね。

自分に愚痴を聞く余裕がないのなら、スルーしてその場を立ち去ってあげたほうが、相手のためにもなるかもしれません。

・合わせて読みたい→「負のオーラに引きずられちゃう…」 愚痴や文句が多い人との距離の取り方

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事