保育士に腕をかじられ負傷 ありえない「教育」に両親あ然

保育士が子供をかじるという事件が発生。裁判沙汰に

噛み付く
(KrisCole/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供を預かるという点で、保育士や教師の仕事は責任重大。つい熱い教育をしてしまう先生も見受けられますが、台湾の現地メディアでそんな「教育」に関する驚きのニュースが報じられています。


■生徒を噛む保育士

現地時間1月30日に報じられたのは、ある保育士が生徒をかじり、負傷させたという事件。5歳の園児が先生の言うことを聞かず、友達にちょっかいを出していたのを見かねた保育士が、ガブリと一噛みしたというのです。

帰宅した息子に不自然な歯形があると気づいた両親は、急いで幼稚園に連絡。苗字を「王」という女性保育士が犯人であることがわかると、すぐさま警察に通報しました。


関連記事:仕事のストレスで生徒に劇薬を投入… 悲しすぎる結末に両親が激怒

■示談は受け付けない

怒り狂った両親は園からの示談を受け入れず、その足で裁判の申し立てを行います。

台湾の裁判所は当該の保育士に児童虐待罪で罰金4万元(約14万円)及び40日間の拘留という判決を言い渡しました。

次ページ ■青タンに歯形…事件の詳細は

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事