恋人自慢にウンザリしたら? マウンティングへの上手な対処法

長すぎる自慢話に、ウンザリしていませんか? 上手な対処法をご紹介します。

疲れる女性
(Ihor Bulyhin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

『彼氏がね~こうでね~』と、永遠と続く恋人自慢。そして、その流れで始まるマウンティング…。勘弁してくれ! と思ってしまうその組み合わせに、どう対処すればいいのでしょうか?

fumumu取材班が、マウンティングへの上手な対処法を聞いてきました。


①自慢に張り合わない

「相手の自慢に張り合っても、泥沼にハマるだけだと思います。張り合っていると相手に伝わった時点でお互いに引けなくなるので、決着が付かないんですよね。


どちらもイライラするだけなので、意味がないと思います。こちらがどんな自慢をしたとしても、相手がそれによって『負けました…』なんてならないですから。


さらに自慢を被せてくるだけですから、終わりがないです。適当に流して、同じ土俵に上がらないのが賢いと思います」(20代・女性)


関連記事:自慢話ばかりの人にウンザリ! 上手な返し方3選

②羨ましがってあげる

「職場の先輩の彼氏自慢がすごいんですけど、興味がなさそうにしても、こちらが褒めないと終わらないんです。


最近は、自慢が始まったらすぐに『すごいですね~』と棒読みでもいいので言うようにしています。相手はこちらに羨ましがられたら満足なので、ちょっと褒めればそれでOKなんですよね。


ムカつくから絶対に褒めない! とこちらが意地になると、相手も負けじと自慢を追加してくるので、話が永遠と続いてしまうんです。気持ちが入っていなくても、さっさと褒めて会話を流したほうが楽ですよ」(20代・女性)


③「自分で考えてみる」と伝える

「彼氏自慢をする人って、その流れでアドバイスをしてくることが多いんですよね。『いい彼氏作らないとね! こういう人が合うんじゃない?』とか、求めていないアドバイスをガンガンと…。


自慢だけならまだ我慢できますけど、自分のことを色々突っ込まれるのは腹が立ちます。あまりにも度が過ぎたら、『自分で考えてみるから大丈夫~』と、バッサリ切るようにしています。


適当に流していても、迷惑だと思っていることを察してくれない人も多いんですよね。意見を求めていないと言葉で示さないと、イライラが溜まる一方だと思います」(20代・女性)

自慢に張り合ってしまうと、いつまでたっても会話が終わらなくなりそうです。

適度に相槌をしたら、ささっとその場を離れてしまうのもアリかもしれないですね。

・合わせて読みたい→「どう褒めたらいいの…」 彼の趣味や仕事自慢への対処法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事