その嘘、バレてないと思ってる? 嘘をつく人のバレバレなサインとは

嘘がバレてないと思っているのは、自分だけかもしれません。嘘をつく人がよくやる3つのサインを聞いてきました。

会話
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

なにかトラブルが起きたとき、「ふぅ、嘘をつくことで乗り切れた…」と思っている方、危険かもしれません。

嘘をつくときに、無自覚にやりがちなサインがあるようですよ。fumumu取材班が、嘘をついている人がやりがちな3つのサインを聞いてきました。


①「なんで?」と聞き返す

「浮気癖があった元カレは、浮気を問い詰めたとき必ず『なんで?』と聞き返してきたんです。嘘をついている人は聞き返すとネットで見たことがあったけど、本当にそうなんだ! と思いました。


嘘がバレている証拠を掴みたいから、こちらが知っている情報をなるべく聞き出したかったんだと思います。下手なことを言って、嘘がバレてしまうことが怖かったんでしょうね。


その返答があった時点で、こちらの疑惑はほぼ確信に変わっていました。誤魔化すことができないなら、初めから嘘なんてつかなきゃいいのにと思っていましたね」(20代・女性)


関連記事:実はわかりやすい? 男子が嘘をつくときにするしぐさとは

②やたら自分に触る

「自覚はなかったんですけど、母親に『あんたは嘘をつくとき絶対に髪を触るからバレバレ』と言われたことがあります。


どうやら小さいころからのようで、自分ではまったく気がついていませんでした…。確かに、嘘をついているときってソワソワして落ち着かないので、自分を触りたくなるんですよね。


自分のなにかを触ることで、安心するんだと思います。癖を自覚した今でも、無意識にやってしまいそうになります」(20代・女性)


③聞かれていないことまで話す

「教師をやっているんですが、子どもも大人も、嘘をつくときに口数が増えるのは共通なのかなと思いました。


嘘を隠そうと、聞かれていないことまでペラペラ話し始めるんですよね(笑)自覚はないんでしょうけど、必死な感じが嘘をついているとバレバレなんです!


絶対にバレなくない嘘なら、いつもの自分の口数と変わっていないかどうか、意識したほうがいいと思いますよ」(20代・女性)

嘘をつかないことが理想ではありますが、自分にとって必要な嘘がある場合もありますよね。

相手にバレて気まずい思いをしないように、無意識にやっているサインがないか、自分の行動を意識してみるのもおすすめですよ。

・合わせて読みたい→浮気を隠し通そうとする男子は多い? バレバレな言い訳を聞いた経験

(文/fumumu編集部・nana

おすすめ記事