顔相鑑定㉝:高橋一生は童顔で公家顔 つかみどころのない顔を何かに例えると…

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、俳優の高橋一生さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は俳優の高橋一生さん。昨年はドラマ『凪のお暇』(TBS系)で主人公・大島凪の元恋人役を演じ、元カノに未練タラタラにもかかわらず素直に思いを伝えられない演技が話題になりました。

1月24日公開の映画『ロマンスドール』では、蒼井優さんとのダブル主演が決まっていて、“ラブドール職人”という難しい役柄に挑戦しています。

舞台での芝居役者経験が長く、テレビドラマに出演してからは、確かな演技力で人気の高橋一生さん。39歳とは思えない童顔なのに低音の声でそのギャップが魅力です。


■優しいタレ目の高橋一生

高橋一生

39歳といえば、世間ではオッサンもオッサン。なのに、可愛い印象の顔に見えるのは、曲線的でとても垂れ下がった優しい目をしているからです。

丸みのあるタレ目の顔相をした人は、気づかいが上手いのが特徴。協調性が高く、いつも周囲の人との調和を考え行動するタイプです。


関連記事:顔相鑑定⑮:黒木華が『凪のお暇』にハマった理由とナチュラル美人のススメ

■ゆで卵のような輪郭

童顔に見えるのは、この女の子のような優しい目と、つるっとしたゆで卵のような輪郭によるものですが、真顔だとシワがないのもその理由です。

笑うとシワシワになり、頬にもエクボのような特徴的な線ができまずが、これは頬肉と肌が若いからできるもので、本当に若々しい肌をしています。顔の専門家としてその秘訣を知りたいです。

童顔ではあるのですが、赤ちゃん顔の要素はなく「公家顔」っぽい顔です。これは先ほどの彫りが浅いゆで卵のようなやや面長な輪郭によるものですが、上中下で見ると中程の鼻が長いのもその理由です。


■鼻が縦に長い

鼻が縦に長い顔相の人は、いつまでも過去の小さなことを引きずる傾向が強いです。そのため、男女ともに鼻が短い人よりも晩婚もしくは独身でいる傾向があります。

額の丸みや光沢からして聡明な人には違いありませんが、役によって細かく演じわけることもあり、プライベートが見えない、本当の個性が見えない高橋一生さん。

飄々としていて、つかみどころがないんですね。つるっとした顔を生き物に例えようにもウナギともクラゲとも違いますし、食べ物に例えようにもカルピスゼリーとも豆乳プリンとも違います。

「カメレオン俳優」でもないですし、色を変える両生類で「アマガエル俳優」とも思ったけどこれも違う…。原料がなんだかわからなくて変幻自在に形を変える「スライム俳優」と名付けましょう。


★2020年1月19日(日)にNHK文化センター守口教室(大阪)で「2020年を幸せに~福を招く開運メイクと開運法~」と題した講演をおこないます。詳しくは「池袋絵意知公式サイト」をご覧ください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定⑮:黒木華が『凪のお暇』にハマった理由とナチュラル美人のススメ

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!