不幸自慢ばかりの友達にイライラ! 上手な返し方はある?

会うたびに悲劇のヒロイン風に話してくる友達。自分がイライラしないために、どう対応すればいいのでしょうか?

女性の会話
(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「どうして私ばかり大変なんだろう…」「いつもうまくいかない、どうすればいいかな…」 会うたびに沈んだ表情で話してくる友達に、ついイライラしてしまったことはないですか?

悩むことが趣味なのかと感じてしまう友達に、どう接すればいいのでしょうか。fumumu取材班が、ストレスをためない上手な対応方法を聞いてきました。


①「私の話も聞いて〜」

「会うたびに不満を言ってくる子がいるんですけど、一方的な会話がつらいときがあって。こちらの話は聞いてくれないの? とイライラしてしまうんですよね。


最近は、話が一方的になってきたら『私の話も聞いて〜』って素直に言うようにしたんです。すごく楽になりましたよ。


人の話を聞けないタイプなのかと思っていたんですけど、意外と聞き上手で。伝えなければ、そのまま関係性が終わっていたかもしれないですね」(20代・女性)


関連記事:「どうして論点をすり替えるの?」 会話にならない人の深層心理を聞いてみた

②アドバイスはしない

「不幸自慢をしてくる人は、こちらの意見なんて求めていないんですよ。ただ話を聞いて、大変そうだと思われたいだけなんです。


真剣にアドバイスしたこともあったんですけど、現状を変える気がない人になにを言っても無駄なので。自分がストレスをためないために、話を右から左に流しておいたほうが楽だと思います」(20代・女性)


③「聞く余裕がない」と伝える

「人の苦労話って、すごく気力を吸い取られるじゃないですか。自分に余裕があるときじゃないと、話を聞けないんですよね。


自分の生活でいっぱいいっぱいのときは、相手の話が始まりそうになったらすぐに『ごめん今私も余裕なくて…』と伝えます。大変そうな表情で伝えたら、相手も引き下がってくれますよ。


それでも無理に話してくるようなら、その先付き合っていく価値もない気がします。連絡が来ても、上手にフェードアウトしていいんじゃないですか?」(20代・女性)

人の悩みを聞くと、自分の気力もすり減っていくものです。余裕がないときに無理して付き合って、負のオーラをもらわないように気をつけてくださいね。

・合わせて読みたい→「私ばっかり大変じゃん…」人の甘さが許せずに、自分が疲れてしまう。対処法はある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事