こんなセリフは信用されない! 職場で避けたほうがいいNGワード

自分では気軽に使っているセリフで、相手の信用を失っているかもしれません。

オフィス
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

職場でポロっと出た言葉が、相手の信用を失うきっかけになってしまうかもしれません。

今回は、職場では避けたほうがいいNGワードを、fumumu取材班が聞いてきました。


①「〇〇さんが言っていたから」

「なにかミスしたときや、仕事のことで突っ込んだ質問をしたときに、『〇〇さんが言っていたからやった』『〇〇さんが言っていたことだから知らない』と人のせいにするのは、信用度が下がりますね…。


特に下の立場の人に責任を押し付けるのは、上司や先輩としてどうなんだ? と思ってしまいます。自分の考えがなにもない人と、一緒に仕事をしたいとは思わないですよね。なにかを決断するときに人任せにしてばかりなのは、子供っぽいなと思います」(20代・女性)


関連記事:「職場でいつも慌てちゃう…」 冷静に仕事ができる人になるには?

②「それは私の担当外なので」

「自分の担当外のことに口を出さないのは、まぁいいんですけど…。あまりにも自分の担当に固執しすぎて、そこは手伝ってもいいんじゃ? というグレーゾーンまで見て見ぬふりをするのは、社会人としては尊敬できないです。


業務を分担しても、自分の仕事以外をやらなきゃいけないことだって多いじゃないですか。誰かが休んでしまったり、手が足りないときだってありますよね。そういうときに、人の仕事だからとスルーするのは、自分が同じ状況になったら誰に助けてもらうんだろうと思います。


会社って、みんなで協力しないとできないこともあるじゃないですか。自分の仕事だけに集中しすぎると、気がついたらひとりぼっちになってしまうと思います」(20代・女性)


③「決まっていることだから」

「先輩に仕事を教えてもらっているときに、質問をするたびに『元から決まっていることだから』『うちはそういうルールだから』としか言ってくれなかったんですよ。


元から決まっていることって、別にそこまで理由にならないじゃないかと思うんですよね。元々のやり方がすごく効率が悪くても、ずっと変えないんだろうかと心配になります。


根本的な知識がなくて、マニュアルだけ覚えている感じもしたんです。仕事でもし悩んでも、この先輩には相談できないなと感じてしまいました」(20代・女性)

つい言ってしまいそうになる短い言葉ばかりですが、相手の信用度を下げるには充分なようです。

自分の仕事だけに集中したくなる気持ちはわかりますが、ヘルプが必要なときに誰にも助けてもらえない状況にならないように、「自分のために手を貸す」のもアリなのではないでしょうか。

・合わせて読みたい→その一言が余計かも!? 「怖い先輩」認定されるワードとは

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事