その一言が余計かも!? 「怖い先輩」認定されるワードとは

無意識に出たとっさの一言が、後輩を震え上がらせているかもしれません…。

叱る女性
(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

後輩と接しているときに、自分では気がつかないうちに圧力をかけているかもしれません。「あの先輩怖いよね…」と距離を置かれないうちに、自分の発言を振り返ってみませんか?

fumumu取材班が、先輩からの怖かった一言を聞いてきました。

①「ミスしないでね」

「職場の先輩に仕事を教えてもらったときに、さらっと『ミスしないでね』と言われたのは怖かったです…。真顔で言われたので、ミスしたら怒られると思ってすごく緊張してしまいました。


本人には特に悪意がなかったのかもしれないけど、言われた方は気にしますよね。初めてのことを完璧にするのは誰でも難しいと思うので、あまり圧をかけないでくれると助かります。わからなかったら聞いてね、と声を変えてくれる人の方が、付いていきたいと思います」(20代・女性)


関連記事:「職場でいつも慌てちゃう…」 冷静に仕事ができる人になるには?

②「それ前も言ったよ」

「バイト先で業務のことを質問したときに、『それ前にも言ったよ』と言われたことがあるんです。私が忘れてしまったのは悪いんですけど、1回ですべてを覚えるなんて無理だよ…と思ってしまいました。


すいませんと謝る事しかできないし、その後質問することが怖くなってしまうんですよね。同じことを聞かれてイラっとするのも分かるんですけど、覚えるつもりがないわけではないので、できれば改めて教えてくれるとありがたいです…」(20代・女性)


③「ちゃんと分かってる?」

「新卒で入った会社で教育担当になってくれた人が、ちょっと怖い人でしたね。仕事を教えてくれるたびに、最後に『ちゃんと分かってる?大丈夫だね?』と確認する人で。


やったことがない仕事なので、大丈夫かどうかはやってみないと分からないな…と思いながらも、怖くて大丈夫ですと答えるしかありませんでした。実際にやってみると、やっぱり理解しきれていない点が出てくるんすけど、そう言われた手前質問するのもすごく気まずかったです。


何回説明しても失敗するならそう言っていいと思うんですけど、初めて説明されたときに言われても、正直分からないのが本音です」(20代・女性)

とっさに言ってしまいそうな短い言葉ですが、言われた側は重く受け取ってしまう場合もあるようです。

新人のうちは、どうしてもミスをしてしまうものですよね。自分が新人だったときのことを思い出しながら接してみると、分からない側の不安も思い出せるかもしれません。

・合わせて読みたい→本当に苦しかったときに救われた、身近な人の一言3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事