朝シャン、スッキリ気持ちいいけど…本当に髪に悪いの!? 

朝シャンって本当に髪に悪いの!?みんなの疑問に答えてみました

ひと昔前に流行語をもとっている今や有名な言葉「朝シャン」(朝シャンプーをする、入浴するの略語)は。

朝シャンプーをしてから学校、仕事に行きます! という方は、実際の現場でアンケートをとったところ3人に1人はいるという印象です。

「朝シャンは髪の毛に良くない!」と言われることも多いですが、実際はどうなのでしょうか。

現役の美容師としての意見をお伝えさせていただきます!


■結論から言うと良くない!

というのも、あくまで髪の毛や頭皮のことを考えたらの結論です。

いろいろな意見がありもちろんメリットもデメリットもあるかもしれませんが綺麗な髪を作ると言う観点、健康な頭皮を作ると言う観点では、朝シャンは不要です。

不要と言いつつも皆様にも朝のルーティーンがあると思いますので何故? の部分、改善策をしっかり明記していきますね。


関連記事:年の瀬に振り返りたい! ヘアケアルーティン5選

■その日の汚れはその日のうちに

大前提としてその日の汚れ(ワックスやオイル、頭皮油)はその日のうちに落としましょう。汚れが付いたまま寝てしまうと不衛生な状態を保つことになり決していい状態ではありません。

しっかりと洗い流してから就寝しましょう。


■バリアが剥がれてしまう

髪の毛と言うのは寝ている間に修復されていると言います。わかりやすく言うとバリア(膜)のようなものが張られているイメージです。朝からシャンプーをしてしまうと朝一からいきなりそのバリアを剥がしてしまうと言うことになり兼ねません。

すると日常の生活での紫外線、摩擦、乾燥をダイレクトに受けることになります。

次ページ ■しっかりとしたケアする時間がない

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事