よしもと男前ブサイクランキングが4年ぶり復活! EXIT兼近は1位獲得に自信

「よしもと男前ブサイクランキング2019」、4年ぶりに復活! 栄冠は誰の手に?

集合写真
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

23日、渋谷・ヨシモト∞ホールで「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見が開かれ、ほんこんさん、アインシュタイン、EXIT、おばたのお兄さん、レインボー、陣内智則さん、山田菜々さんが登場。意気込みを語りました。


■ブサイクが金になる?

4年ぶりの開催となる「よしもと男前ブサイクランキング2019」。ほんこんさんやフットボールアワー・岩尾さん、チュートリアル・徳井さんなど、すでに殿堂入りしている芸人たちにも投票できます。

ほんこん
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

2000年〜2002年のブサイクランキング1位を獲り、殿堂入りしていたほんこんさんは「もうええやろ、俺は出なくて。3年連続優勝したんやで」と苦笑い。その頃はハガキ投票&メインはブサイク芸人ランキングだったとか。

アインシュタイン・稲田
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

そんなほんこんさんのライバル(?)になりそうなアインシュタイン・稲田さんは、自分がブサイク1位を獲ってあたりまえ…と宣言。「僕から見たら、ほんこんさんはレジェンド。でも勝ちたい。変な感じですけどね。複雑な…変な闘志に燃えてます」と意気込みを語ります。

ブサイクと言われ続けている2人ですが、ほんこんさんは「別に仕事だから。色んな考え、意見があるから言えばいいけど、なんとも思ってない。それでお金儲けできてるんやから」と大人な反応。

稲田さんも「僕が『ブサイクじゃないですよ』って言ったら、めちゃめちゃシュールになる。麻痺しているのかわからないですが、言われていたいし言われていないといけないなって気持ち」と続けます。大阪でも自虐しているため、後輩芸人たちが「ブサイクなのに、顔をいじって楽にウケようとしなくなった。ネタの質がどんどん上がってる」とか!


関連記事:おばたのお兄さん、グーグルで“花より男子”検索で登場 「嬉しいよりも…」

■男前は損?

一方、男前ランキング入り確実なEXIT・兼近さんは「僕が入らないとウソになっちゃう」と自信満々。

EXIT
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

1位を獲得すると賞金100万円がもらえるため、相方のりんたろー。さんと折半する約束をしているんだとか。

EXIT・兼近
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

しかし「イケメンだって言われ始めたのが2年前。それまではおかっぱで裸芸で、身体中から音鳴らします…みたいな。2年でこんなに(反応が)変わるなんて、人間って残酷」といい、「(男前にキャラ変して)普通の社会に生きてたら大成功ですが、この世界においては…。笑いの量は確実に減った」と嘆きます。


■吉本坂46センターも…

会見では、一般来場者に取った「今日の出演者でのランキング」も披露。男前1位は兼近、ブサイク1位は稲田と納得の結果です。

パネル
(「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見にて撮影)

しかし、「中途半端」な結果になってしまった芸人さんたちからは嘆きの声が…。

陣内さんから「俺と一緒のパターンで、男前にもブサイクにも入らない」と言われていた、おばたのお兄さんは「ちゃんとどっちにも入ってないです!」、吉本坂46でセンターを務めているレインボー・池田さんも「めっちゃやばい、(EXITの)りんたろー。さんの2票上や!」と思わず叫んでいました。


「よしもと男前ブサイクランキング2019」は11月30日(土)まで、吉本興業公式アプリ『ラフピー』から投票できます。1位の芸人には100万円が贈られ、投票者にも抽選でハワイ旅行などが当たるので、興味がある人は投票してみては。

・合わせて読みたい→EXITりんたろー。若手芸人へ呼びかけた結果 「予想をはるかにヒュイゴした」

(取材・文/fumumu編集部・たつきあつこ

この記事の画像(16枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!