イライラが我慢できない! 八つ当たりしてしまうのをやめられる?

怒りが爆発しそうになったとき、上手にコントロールする方法はあるのでしょうか?

怒る女性
(torwai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

怒りで我を忘れると、つい周囲に八つ当たりしてしまうこともありますよね。冷静になってから、自分のしたことに後悔した経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回は、爆発しそうな怒りを上手に抑える方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

①八つ当たりできる物を持っておく

「頭に血が上ると、どうしてもなにかに当たりたくなってしまうので…。いっそのこと当たってスッキリさせよう! と思って、部屋にクッションをいくつか用意してあるんです。


壊れる物や、人に当たってしまうと、後から自己嫌悪しちゃうんですよね。やわらかいクッションを思いっきり殴ったり、顔を付けて大声で叫ぶと、怒りもすっと消えていく感じがしますよ。


八つ当たりしないように我慢しすぎていつか爆発するなら、小まめに発散させたほうが周囲のためにもなると思います」(20代・女性)


関連記事:カッとなったとき…上手に怒りをコントロールする3つのテクニック

②深呼吸する癖をつける

「イライラが止まらないときって、呼吸が浅くなっていることが多いんです。怒りで冷静さがなくなっているんですよね。


なので、まずは深呼吸! 深く息を吸って、ふぅーっと吐き出すと、不思議と怒りも消えていく感じがします。


頭にしっかりと血が巡る気がするんですよね。最初の怒りの爆発さえストップできれば、あとは冷静な頭で考えられますよ」(20代・女性)


③鏡を見る

「怒っているときの自分ってすごく不細工なので、私は鏡を見れば一発で冷静になります。『うわ、めっちゃブス!』って(笑)


怒りで我を忘れている姿も滑稽なんですよね。鏡を見ることで、その姿を第三者的に見ることができるんだと思います。


冷静になってしまえば、怒っていたことも小さなことだと思えるんです。外でムカムカしてしまったときは、ショーウィンドウや電車の窓もおすすめです。結構ばっちり映ってますよ」(20代・女性)

マグマのように爆発しそうになる怒りも、ちょっとした工夫で鎮火することができるようです。

八つ当たりして周囲の人の反感を買う前に、自分に合った発散方法を見つけてくださいね。

・合わせて読みたい→「会社で叱られちゃった…」精神的ダメージを和らげる方法はある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!