人に流されるのをやめたい! 自分らしく生きるにはどうしたらいい?

周りに合わせることに疲れてしまうことってないですか?

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人の意見に流されてしまう、自分を表に出すことができない…。そう悩んだことはないですか? 自分らしく生きるためには、なにを意識したらいいのでしょうか。

人に流されないおすすめの方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

①未来の自分を想像する

「その場が丸く収まればいいと思って自分の意見を我慢してばかりだと、どんどん自分を出せなくなっていくと思うんです。


学生時代は、場の空気を読みすぎて「イエス」ばっかりになってしまったときもありました。嫌われたくなかったのかも。でも、そんな自分になりたいわけではないんです。


未来の自分を想像したとき、憧れる自分になれるような行動を今しているか、たまに考えるようにしていますよ。今の行動が未来を作ると思っているので、なりたい自分から遠ざかるような行動はできればしたくないんです」(20代・女性)


関連記事:石原さとみ、好きなタイプを告白 「顔が好き」と挙げた名前に男性ファンは悲鳴

②自分のことを理解する

「自分がなにを好きでなにが嫌いか知っておかないと、周りに流されてしまうじゃないですか。だから、まずは自分のことを理解することが大切だと思います。


どんな言葉に傷ついて、どんな言葉に喜ぶのかも含めて、ちゃんと知っておきたいですよね。自分のことを分かっていれば、自分とは違う意見に惑わされることも少なくなると思います」(20代・女性)


③納得できない意見は聞き流す

「人の意見に納得ができなくても、今までは否定できずに頷いていたんです。ただ、そうすることで自己嫌悪にもなってしまって…。


今は、まずは受け入れた上で、流すようにしています! 自分の意見とは切り離して、人の意見として聞くんです。納得できなければ、表面上は聞くけど内心は流しています(笑)


意見を求められたら、『考え方はいろいろありますもんね~』と言っておけば相手も納得してくれますよ。人と対立することは得意にはなれないので、このやり方が自分には合っていると思います」(20代・女性)

人に合わせられることも素敵な長所ですが、それで自分が苦しむことは避けたいですよね。

自分の意見を自然に表に出せるように、できることから始めてみてもいいのかもしれないですよ。

・合わせて読みたい→指原莉乃、男性アイドルの発言にダメ出し 「それ絶対言っちゃダメ」

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!