京都旅行の締めくくりはココ! 非日常的な空間を楽しめる「空中径路」

京都で新たな観光スポットとして人気がでてきている空中径路に、fumumu編集部で行ってきました。

古い町並みでお馴染みの京都。今では新しい観光スポットなどが増えてきています。その中でも、京都駅にある空中径路がじわじわと人気を高めています。

存在を知っている人も、実際に行ったことがない人が多いようです。京都旅行の帰りに寄りやすい「空中径路」。fumumu取材班も行ってきました。


■京都駅「空中径路」

京都駅構内に入ると、高い吹き抜けが印象的なアトリウムが広がります。そのトップの部分に走るのが空中径路。アクセス方法は3つあります。

1つ目は大階段にあるエスカレーターで、11階まで登り「skyway」と書いてある入口へ行く方法です。写真は大階段を空中径路から見たものです。

kyotokuutyuukeiro

2つ目は京都駅ビル10階の拉麺小路の奥にある入口から入ります。3つ目は、駅東側のホテルグランヴィア京都がある7階東広場からエレベーターで登ります。

営業時間は10時から22時までと長く、無料で入場出来ます。

拉麺小路や大階段はいつも人で賑わっていますが、 空中径路は比較的人が少なく、混雑はほとんどしていません。存在は知ってるけど、どうやって行くか分からない人や、存在自体も知らない人が多いのでしょう。


関連記事:不倫してしまったら…経験者女子が語る「覚悟するべき」3つのこと

■夜景もばっちりみえる

kyotokuutyuukeiro

鉄骨で複雑に組み重なった空中径路は、入った瞬間、異世界のような、SFのような雰囲気にワクワクします。

写真を撮るとガラスに反射して構造体が綺麗に見えます。ぜひフォトジェニックな写真を楽しんでほしい場所です。

kyotokuutyuukeiro

鉄骨が張めぐされているため、外はあまり見えないですが、何ヶ所か広く空いているところがあります。そこからちょうど見える京都タワーのライトアップが綺麗です。

kyotokuutyuukeiro

他に高い建物がないのでより映えて見えます。


■抹茶スイーツで旅行を締めよう

kyotokuutyuukeiro

京都市内のお寺の近くなどのお店は夕方には閉まってしまうお店が多いようですが、京都駅は比較的夜まで空いているお店があります。駅ビルなどは基本的夜まで空いているので便利ですね。

小腹が空いたため、立ち寄って頂いたのは、京都駅の2階にある「茶寮fukucha」の抹茶フォンデュ(700円・税抜)。

チーズフォンデュのように、一緒にトレイに載ってきた果物を抹茶ソースにディップしていただきます。意外にも、濃厚な味わいの抹茶と果物の相性はバッチリでした!

店内も広く、席によってはコンセントもあるのが便利ですね。

京都旅行の帰りは空中経路へ行ってみてはいかがですか。抹茶スイーツや拉麺小路でご飯というコースもいいですね。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!