宇治金時、タピオカ、ドリアン…台湾のピザが独創的すぎると現地でも騒然

台湾のピザチェーンが攻めすぎていると話題。

驚く女性
(Andrii Bicher/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タピオカピザにドリアンピザ…そして新商品として登場したのは「京都宇治金時」ピザ?台湾のピザチェーンが「攻めすぎ!」と現地で大きな話題となっています。


■宇治金時ピザとは

ピザハット台湾が新商品として自信をもってお届け! と公開したのは、「Hot 和風 京都宇治金時」という商品。

公式サイトに掲載されている情報によると、あずき、白玉、抹茶ソース、抹茶パウダー、抹茶クリームがトッピングされているようです。

商品紹介には「京都の抹茶となめらかなあずきペーストにもちもちの白玉、そして抹茶クリームが合わさった逸品。絶妙な味で手がとまらないはず!」と書かれていました。ちなみに、ベジタリアンでもOKの商品だそう(牛乳を飲んでもよいベジタリアンに限る)。


関連記事:新型コロナの買いだめで品薄 それでもイタリア人が拒むピザとは

■「伊と日に謝罪せねば」

この商品が発表されると、ツイッターの台湾勢は「イタリアが封鎖されている間になんてことを!!」と大騒ぎ。

「イタリアへの挑戦状か…?」「イタリア人と京都人に謝らなければならない」「いまどっちも台湾に入国できないからな」といったコメントが殺到しました。

中には「日本がタピオカや小籠包を魔改造した事に対する反撃か」といったユーモアあふれるご意見や、「奇妙なメニューだけど抹茶好きとしては試してみたい…」など、食べてみたいと思う人も。

構成物質的には美味しそうなメニューですが、日本人はともかくイタリア人が見たら「これはピザじゃない」と言われてしまいそう…。

次ページ ■ドリアンピザもあるよ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事