「それで愛を確かめないで!」 愛情表現とはイコールじゃない男子の行動

愛情表現の仕方は人それぞれ。自分の価値観で相手の愛を確かめると、大失敗するかもしれません。

怒る男性
(pcess609/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きだからこそ、相手の愛を確かめたくなることもありますよね。けれど、その愛の確かめ方、相手にとっては意味がないかもしれません。

今回は、男性が「それで俺の愛は確かめられない!」と思うことを、fumumu取材班が聞いてきました。


①LINEの頻度

「LINEを送るのも、送らないのも、好きのレベルには関係ないんです。忙しかったら送れないし、時間があれば送れるし。


あまり頻繁に連絡するタイプでもないので、連絡が来ないからって気持ちが冷めたと思われるのは困りますね…。不安になるのは分かるんですけど、少しは信頼してほしいなと思います」(20代・男性)


関連記事:彼の愛情は賢者タイムで確かめられる…好きじゃないとしない行動は?

②「好きだよ」を言う回数

「気持ちを口に出せない男って、結構多いと思うんです。自分もそうで、『好きだよ』とはなかなか言えない。恥ずかしいし、態度や行動で示せばいいかなと思っている部分もあるから。


無理に言葉を求められるのは、言わされている感じがしてあまり好きじゃないんです。好きじゃなかったら付き合っていないので、言葉があるかどうかで愛情を確かめないでほしいです」(20代・男性)


③イベントにかける熱量

「ホワイトデーとか、クリスマスとか、誕生日とか…。イベントを盛大にお祝いしないからって、好きの気持ちが少なくなっているわけじゃないんですよ。そこは、分かってほしいです。


イベントをお祝いするのって、すごく難しいじゃないですか。レストランを予約するのも、相手の好みを考えて探さなきゃいけないし。


サプライズも苦手だし、もともとの性格でイベントが得意じゃないんです。喜んでもらいたい気持ちはあるけど、イベントの盛り上がりで気持ちを確かめるのは勘弁してもらいたいですね」(20代・男性)

連絡がマメじゃない彼、口下手の彼、イベントが苦手な彼。それぞれの性格によって、苦手なことはありますよね。

「好きならこれくらいしてくれるはず!」と思い込んでしまうと、自分も相手も傷つくだけかもしれません。

・合わせて読みたい→彼氏以外の男子を好きになってしまっても…越えてはいけない3つの壁

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!