甘えることは意外と簡単? 照れ屋さんもできる甘え方3つ

恥ずかしくて、なかなか甘えられないこともありますよね。今回は、照れ屋さんでも実践できる甘え方を聞いてきました。

手をつなぐカップル
(vadimguzhva/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「甘えたいけど、照れちゃって甘えられない…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。「彼に甘えよう!」と意気込むと、なかなか行動に移せないものですよね。

今回は、甘えることが苦手な女性が実践していることを、fumumu取材班が聞いてきました。


①「ちょっと持っててほしい」から始める

「小さなことから、まずは頼るようにしています。相手にどこまで頼っていいのか分からなくて、今まではなんでも自分でやろうとしていたんですけど…。彼に『もうちょっと甘えてほしい』と言われたことがあって。


でも、甘えるってどうすればいいのか分からないんですよね。だから、ちょっとしたことなら頼ってみることにしたんです。「あれとってほしい」「ちょっと持っててほしい」とか。


私にとってはただのお願いでも、彼にとっては甘えていると感じることもあるようで…。結果的に、いい感じにまとまったなと思います」(20代・女性)


関連記事:どうしてもディープキスを汚く感じてしまう…上手な断り方3つ

②無言で彼に触れあうように座る

「自分からキスしたり、抱きついたりは恥ずかしくてできないので…。彼の家に遊びに行ったときは、できるだけ彼の近くに座るようにしています。肩とかが触れるようにぴたっと密着する感じ。


自分ができるのはこれが限界なんだけど、私からくっ付くことが彼は嬉しいみたいです。好きと口で伝えるのも苦手なので、くっ付くことで愛情が伝わっていればいいなと思います」(20代・女性)


③「甘え方が分からない」と言う

「昔から、彼氏に甘えることが苦手なんです。照れてしまうし、甘えて拒否されたらと思うと怖いし。でも、彼に甘えたい気持ちはあるんですよ。


だから、正直に『甘えたいけど、甘え方が分からない』と彼に伝えました。そしたら、彼から積極的にスキンシップを取ってくれるようになったんです。


本当は外で手を繋ぎたかったことも、彼は分かってくれました。今では、彼から手を出してくれるようになって、私も自然に彼の手を繋ぐことができています。自分から行動できないなら、せめて気持ちを伝えるべきなんだなと思いましたね」(20代・女性)


抱きついて、キスして、好きだよと言って…。甘えることが苦手な人には、そんなことハードルが高いですよね。

始めは、小さなことから試してみるのがおすすめです。いつもとは違うギャップに、相手も喜んでくれるかもしれませんよ。

・合わせて読みたい→「それで愛を確かめないで!」 愛情表現とはイコールじゃない男子の行動

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!