買ってもらうつもりはなかったのに…流れでおねだりになってしまった出来事

世の中には、おねだりが上手な女性がいます。パートナーもそのテクニックに、つい買ってあげてしまうのです。

②テレビでおいしそうな料理が出てきて…

「テレビのグルメ番組を見ているときに、高級そうなお店が紹介されていたんです。いつも庶民的なお店で食事している私は、思わず『一度、こんなお店に行ってみたいな』と叫んでいました。


次のデートで彼氏は、『いいお店に行くから、おしゃれしてきてね』と言ってきました。ホテルのディナーを予約してくれたらしく、言ってみるもんですね」(20代・女性)


関連記事:彼氏に「ちょっとしたおねだり」誰でもできる上手な方法

③仕事で疲れているとぼやいたら

「仕事があまりにも忙しく、休みの日も心が落ち着くことがありませんでした。ストレスが溜まっていることを彼に打ち明けると、『気分転換が必要だね』と言ってくれたんです。


そして私のために旅行を計画してくれて、休みの日に行くことになりました。すべての旅費は彼持ちで悪い気持ちもありましたが、たまにはいいかと甘えることに…」(20代・女性)


たまのおねだりならいいですが、あまりに度が過ぎるとパートナーが離れてしまうかもしれませんね。

・合わせて読みたい→仕事が終わらないのに…人に助けを求められずに苦労した出来事

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の付き合っている・結婚している女性726名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事