遊べそう…男子がビーチで狙う「ナンパ待ち女子」の特徴

もうすぐ海の日ですね。待望の海水浴が解禁となりますが、ビーチでは男性に弄ばれないように注意しましょう。

海と男性
(Kritchanut/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏の間、ビーチは出会いを求める男女で賑わいます。しかし、男性たちに聞いてみると、本命ではなく遊び相手を探すのがメインと言います。

中でも、ナンパ待ちをしているように見える女性はお持ち帰りできる可能性が高く、狙い目なのだとか。

fumumu取材班が、男性たちに詳しい話を聞きました。


①女性の二人組

「女性2人で、わざわざ海に遊びに来るとは考え辛い。ビーチは暑いしベタベタするし…2人でゆっくり話したいなら、便利な街中か冷房がきいているカフェなどに行くでしょう。恐らく、ナンパ狙いです」(20代・男性)


関連記事:男子はココを見る! ビーチで「ナンパ待ち認定」される女子のポイント

②海に入らずパラソルの下にいる

「ビーチにいるのに海に入らない女性は、ほぼ100%ナンパ待ちです。しかも、パラソルの下で日焼け対策をしているとなれば、『何をしに海まで来たの?』って感じ。確実に、ナンパされるために海に来ています」(20代・男性)


③海に入れないような服装をしている

「海に入れないようなオシャレな服装をしている女性は、ナンパ待ちをしている可能性が高いですね。水着の上にワンピースを羽織っていたり、アクセサリーをジャラジャラ付けていたりするような子はそのまま海に入って遊ぶことなんてできないと思うので、チェックしています」(20代・男性)


④ビーチサンダルを履いていない

「海でビーチサンダルを履いていない女性は、確実に、海で遊ぼうとは思っていません。100%、ナンパ待ちです」(20代・男性)


⑤夕方のビーチをウロウロしている

「日中海で遊んでいる子なら、夕方頃には疲れているし化粧も崩れているので、すぐに帰ります。夕方のビーチをウロウロしている子は、ナンパを待っている可能性が高いですね」(20代・男性)


ビーチでは心も体も開放的になりがちですが、安易にナンパに応じてしまうと、トラブルや事件になってしまうこともあります。

男性から変に目をつけられないように、ビーチでの行動や服装には気をつけたいものですね。

・合わせて読みたい→海のナンパでイラっとしたことってある? 経験者の女性に聞いてみた

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!